トップページ

2020年9月10日 (木)

パトロン募集

 友達から、パトロンがなんなのかを教えてもらった時、心臓バクバクしました。
私、てっきりパトロンというのは、愛人契約だと思ってしまっていました。
でも友達が言うパトロンは、全く違う意味でした。
デートをするだけ。
そしてそのデートが、収入に繋がる。
24歳、中小企業勤めのOLの私としては副収入は、どうしても手に入れたいもの。
パトロン募集に乗り出すのも悪くはないと考えるようになっていました。

 肝心のパトロン募集の方法が分りませんでした。
そこで、パトロンが何か教えてくれた友達に聞いてみました。
「ああ、パトロン募集に最適なのは、優良出会い系のアプリだよ。ほら、女性誌なんかによく掲載されているでしょ」
「あれ、安全な場所だったの?」
「信じられないくらい安全なんだ。健全すぎて驚くぐらい。ある程度の時間は必要だけど、パトロン募集続けていけば結果が得られる」
友達の言葉に、飛び上がりそうになる自分を我慢しました。

 友達が使ったという出会い系のアプリで、パトロン募集を始めました。
金銭的な書き込みがNG。
友達に教わった投稿文章を、アレンジしながら投稿。
これを、頻繁に繰り返していくことで、男性の目にとまるそうです。
お小遣いの少ないOLとしては、どうにかパトロンを探し出してやる気持ちを強めていきました。
パトロンの作り方を友達から教わり見つけた月50万円のお金くれる人

 不景気なせいなのか、かなり安い提案をされることもあったりして、ちょっとガッカリしました。
それなりの収入が欲しいですから、さらに募集を継続。
募集を続けることで、お目当ての相手が登場することになりました。

 50代の男性とのやりとり。
すかさずLINE交換。
そして、面接にもなりました。
面接の時に言われたことは、2万円の支払いの用意があること。
基本は食事デート。
試しにと、後日デートに誘って貰うことにも成功しました。

 結果的には、男性がパトロンになってくれました。
定期の約束です。
大体、月に3回程度の待ち合わせをしています。
ただ、美味しい食事を食べるだけ。
それなのに、6万円という副収入が入ってくるようになりました。
パトロン募集って、とっても凄いものでした。
パトロンの意味
お金ください掲示板

トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ